築年数が古い家を売る時のリフォームの必要性について

最近では家の売却をするのが難しくなっている時代になっています。
特に築年数が古い家だと更に難易度が上がりなかなか売れなくなります。

 

築年数が古い家を売りたい場合はリフォームが必要だという不動産会社も多いそうですが実際には本当にリフォームをしただけで家を売れるのでしょうか?
もし築年数が古い家をリフォームする場合は費用はどれくらい掛かるのか?

 

ここでは築年数が古い家をリフォームする場合のポイントと費用についてまとめてみました。

 

築年数が古い家を売るために最初にするべきことは?

築年数が古い家を売る時のリフォームの必要性について

築年数が古ければ古いほど、それだけ売れる可能性も低くなります。
古い家を売却するためには最初はどういった行動をすればいいのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

 

築年数が何年かを目安にリフォームをするか決める

最初に行うべきことは自分が所有している家が築何年なのかを調べてみましょう。

 

特に両親を亡くして遺産として残った家を相続するケースが増えてきています。
この時に古い家だからという理由で諦めて売れないと考える前にリフォームすることをオススメします。

 

リフォーム箇所は築年数によって変わります。

例えば築年数が10〜15年程度の家の状態が良い場合は壁紙や水周りなどをリフォームする方は多いです。
また、築年数が30年以上超えた場合は土台を残して全面的に改装しないといけない場合もあります。
古い家を売却したいのであれば最初に築年数を調べてどれくらいのリフォームが必要なのか検討しましょう。

 

リフォームが必要かどうか検討するには?

古い家を所有している方によって全面的にリフォームしないと売れないのでは?と判断している方も少なくありません。
確かに古い家はリフォームをした方が売れやすいですが、だからといって全面的にリフォームするのかは家の状態によって違ってきます。

 

特に数年前にリフォームをしているのであればリフォームをわざわざする必要はありません。

 

売却しようとしている家の状態を専門の方に見てもらってリフォームが必要かどうか聞いてみると参考になります。

 

築10年以上であれば家自体はリフォームする必要はない場合がありますが設備のリフォームが必要になる場合もあります。
これは家に備え付けられているトイレやお風呂などの水回りの設備の寿命がおおよそ10年程度だからです。

 

つまり古い家を購入して引越してきた方が使っていた時に故障をする可能性が高くなるわけです。

 

特に中古で家を売却した場合は数年は売主に瑕疵担保があるため設備だけでもきちんとリフォームした方が後のトラブルからも回避することが出来るでしょう。

 

築年数が古い家のリフォーム範囲

古い家をリフォームして売ろうと考えている時にどの範囲まで行えばよいものか迷いますね。

 

リフォームはやり方によっては売主がかなり損をすることもあるのでリフォームする範囲は重要になります。
築年数が古い家とはいえ売却するのであれば必要最低限のリフォームする範囲を検討した方が良いでしょう。

 

全面的にリフォームを行う場合

築年数が古い家を売る時のリフォームの必要性について
築年数が古い家を売る場合に全面的にリフォームをして売却しようと考える方は少ないです。

 

理由はリフォーム費用は全て売主が負担になるからです。
特に全面的にリフォームする場合はかなりの金額が掛かります。

 

またリフォーム自体は売主の趣味になりますので必ずしも買主が気に入るかどうかも分かりません。
なので築年数が古い家を売る時は全面的なリフォームは避けた方が良いでしょう。

 

水周りだけリフォームする場合

築年数が古い家を売る時のリフォームの必要性について
築10年以上の家を売る場合は水周りだけでもリフォームする方は多いです。

 

家の設備の中でもトイレや風呂、台所などの水周りは女性が最も注目する箇所になります。
つまり、水周りがキレイな家は全体的な印象としてもキレイな家ということになります。

 

しかし、風呂やトイレ、台所などのリフォームは数百万円掛かる場合もありますのでリフォームをする場合はきちんと考えてからリフォームをsるかどうか判断しましょう。

 

プチリフォームだけ済ませる場合

築年数が古い家を売る時のリフォームの必要性について
築年数が古い家でも比較的に状態が良いのであればプチリフォームで済ませる方も多いです。

 

因みにプチリフォームは壁紙を変えたり、畳を変えるなど印象が残る部分のみをリフォームすることを指します。
生活感があまりなく、設備費用も少ない場合はプチリフォームで済ませるのも良いでしょう。

 

リフォーム費用は一体どれくらいなのか?

リフォーム費用を検討するのであれば最初に相場を把握しておきましょう。
また、リフォームの相場はリフォームをする箇所によって異なりますが、家の中か外かで大きく分かれます。

屋内のリフォーム箇所

相場費用

トイレ

20〜40万円

お風呂場

50〜120万円

キッチン

50〜100万円

リビング

50〜100万円

ダイニング

50〜100万円

屋外のリフォーム箇所

相場費用

屋根

50〜100万円

外壁

100〜150万円

玄関

50〜100万円

玄関周り

50〜100万円

 

このようにリフォームする箇所によって値段が変わってきますが、これらの上記に書かれている金額はあくまで相場なので書かれている金額よりも安くリフォームしてくれる会社もありますし、更に高い金額でリフォームしてくれる会社もあります。

 

ただし、これくらい価格帯でリフォームを行う場合が多く、それなりの金額を出さないとリフォームが出来ないのでかなりの金額が必要になります。
自分が住むのであればまた別ですが古い家を売却するためだけにリフォームするのであれば水周りや外壁のみにリフォームすることをオススメします。
リフォームした分高くすると逆に売れない可能性もあるので生活に支障が出ない程度にしておくことが売却する時のポイントになります。

 

築年数が古い家をリフォームすることで高く売れるのか?

築年数が古い家を売る時のリフォームの必要性について

築年数が古い家でも立地条件が良い場合などはリフォームをしなくても売れることがあります。
また、あえて古い家を安く購入して自分好みにリフォームをする方もいます。

 

しかし、こういった方はごく一部で古い家を見に行った時に第一印象で決める方は多いです。
なのでリフォームをキレイな状態にすることは良いことでもありますので“高く売れやすい”と思っておいても良いでしょう。

 

出来る限り今までの生活感を取り除いて家の設備などを使いやすくするリフォームを行えば古い家でも売却することが可能になります。

 

まとめ

築年数が古い家をそのまま放置しておいてもなかなか売れるものではありません。
古い家だからこそ売れる工夫をする必要があります。
数ある中でも一番の工夫がリフォームすることでしょう。
家の印象を良くするためには将来的に生活が想像できるようなリフォームをすることで高値で売却することも夢ではありません。ある程度はリフォーム費用をだして古い家をキレイにしてから売却した方が良いです。